あの作品がギャグになった!?秋アニメ「進撃!巨人中学校」ならあなたも見られる!

現在実写映画も公開されている「進撃の巨人」。アニメの放送をきっかけに大ブームを巻き起こしているこの作品は、まだまだ人気の衰えを見せませんね!
そんな「進撃の巨人」ですが、この秋、なんとスピンオフギャグ作品「進撃!巨人中学校」が放送されるんです!
「グロテスクな描写や暴力表現は苦手で……」と、今まで同作品をご覧になったことのない人も、これなら楽しんで見られるかもしれません!

巨人と人間が共存している世界

この作品は原作のような殺伐とした世界観ではなく、あくまでもギャグ作品にふさわしいほのぼのとした世界観。
巨人が人を食べることもなく、そして人間が巨人を駆逐しようとすることもなく、お互いがお互いの存在を知覚しながら共存している世界です。
エレンやミカサ、その他お馴染みのあのキャラクターたちが、中学生となって巨人と同じ学校に通い騒動を巻き起こします。
でもそれだけでは進撃の巨人のスピンオフとしてインパクトが弱い?大丈夫です!
主人公エレンは、原作と同じく、とある事件をきっかけに巨人を激しく憎んでいます。
それこそ巨人が落とした消しゴムを見ては消しゴムハンコに仕立て上げようとしたり、巨大な鞄の中から巨大なブルマーを盗んで焼却しようとしたりと、もはやただのいじめっ子状態。
そんなエレンを中心に巻き起こる騒動。原作を知っている人なら「あ、この巨人……!」と思わずニヤリとしてしまうシーンや、原作をオマージュしたシーンに反応してしまうかもしれません。

テーマ曲はもちろんあの人!

そしてアニメ「進撃の巨人」を話題にした一因と言っても過言ではないのがテーマ曲の存在。
オープニングの「紅蓮の弓矢」は、その壮大なコーラスや曲調で一気にこの世界を広げてくれました。
今回の「進撃!巨人中学校」は同作品のスピンオフ作品です。となればもちろん、やはりテーマ曲は「紅蓮の弓矢」「自由の翼」と同じクオリティが欲しいもの!
その期待に応え、今回のテーマもLinked Horizonが手掛けてくれることとなりました!
タイトルは「青春は花火のように」。巨人中学校で学園生活を送るキャラクター達の青春を応援するメッセージが込められているというこの曲、今度はいったいどんなサウンドになるのでしょうか?
ギャグらしく可愛らしい抜け感のあるポップな曲になるのか、主宰者Revoさんの作風に多く見られる前作曲とのリンク部分を含む曲になるのか、非常に気になるところです!

人気や話題になっていることから興味はあるけれど、ちょっと怖くて視聴の踏ん切りがつかなかった人にも気軽に見てもらえる作品です。これまで足踏みしていた人も、ぜひご試聴を!

関連記事

お気に入りの漫画のイッキ読み

不要な漫画の高額買取

2015新作アニメ

Twitter

Facebook

リンク集

最近の投稿