どうしてこうなった… アニメ『艦これ』4話の感想

※第四話放映時点でアニメ『艦これ』を楽しんで観ている方には閲覧をオススメできない記事内容になっています。

アニメ第四話が放映され、あまりの出来に原作ファンからも批判が出てきてしまっているアニメ『艦これ』ですが、どうしてこんなことになってしまったのでしょう。

如月轟沈→金剛デース!!のテンションの差

第三話でご都合主義に轟沈させられた如月。
そしてシリアスな雰囲気に包まれたまま第四話に突入…と思いきや第四話はまさかの金剛姉妹回。

とてもつい先日仲間が轟沈したとは思えない金剛はじめ比叡、榛名、霧島の異様なテンションであっけにとられた視聴者の方、多いのではないでしょうか。自分もそうです。
金剛だけがあのブッ飛んだテンションだというのならまだ分かります。
そういうキャラですから。まあ分かります。百歩譲って。

しかし今回の戦犯ともいえるのはむしろ金剛ではなく、金剛の妹たち比叡、榛名、霧島たちな気がします。
比叡はともかく、榛名、霧島の二人に関してはどちらかと言えば頭脳派で、金剛のテンションを抑える役目のように思えていた彼女たちがあろうことから金剛のテンションに振り回されっぱなし、というよりは自らが進んで金剛と同じテンションに混じっているという惨状。ひどいです。

仮にも”艦隊の頭脳”と自称する霧島の行動もまるでバカ。
視聴者が求めているのはお前じゃないんだ…と泣きたくなります。

シリアスムードをぶち壊した、と言えばきこえはいいですが、今回金剛姉妹がやらかしたのはシリアスなムードに冷や水をぶっかけるような行為。むごいですね。

二次創作のネタを公式で再利用

艦これには優秀な二次創作物が数多く存在します。

しかし二次創作物が初出のネタ、多くの提督たちにとっては定番と化したネタであっても公式アニメがそのネタを再利用、嫌な言葉で言えばパクってしまってその作品が面白くなるわけがありません。

例えばちょっと度が過ぎた北上・大井の絡みであれ、島風を”ぜかまし”と呼ぶ金剛であれ、他にも細かな二次創作ネタが随所に散りばめられていて、その度に微妙な気持ちになる方も多いのでは?そりゃそうです。
言ってしまえばその設定は素人が考えたものからパクった設定なんですから。

ゲーム内のセリフをアニメでもしゃべる!

一見、今まではただ静止画が喋るだけだったのにアニメ化に際して動く艦娘たちがゲーム中のセリフを喋ってくれるのか!と勘違いしそうになりますが、とても自然とは言い難い、無理矢理言わせたセリフ…という印象です。

ゲーム中の決め台詞を無理矢理アニメにはめ込んでいるため、キャラが「台本にそって喋っているだけ」という印象を持たせてしまうのかもしれません。

散々言っておいてあれですが、まだアニメ艦これには期待したいところです。
これからどう盛り返してくれるのか、不安と期待が半分半分ですね。

関連記事

お気に入りの漫画のイッキ読み

不要な漫画の高額買取

2015新作アニメ

Twitter

Facebook

リンク集

最近の投稿