まさかあの作品が、画風そのままギャグに!?「北斗の拳イチゴ味」

北斗の拳というと、流血シーンの多いかなりバイオレンスな作品というイメージをお持ちの人も多いのではないでしょうか?
しかし今秋アニメ化を予定されているこちらの作品では、確かに流血シーンもありますが、全体的に原典「北斗の拳」の作画を担当していらっしゃる原哲夫先生の画風に近付けてのギャグ作品!
これまでもギャグ作品として「DD北斗の拳」が製作、アニメ化されていましたが、画風を近付けての「北斗の拳」ギャグ作品は初めて。
秋の放送開始前に、軽く予習をしておきましょう!

主役はケンシロウではなくまさかのあの人!?

北斗の拳と言えば、主人公は誰もが知っている「胸に七つの傷を持つ男」ケンシロウ!
これは各キャラクターに焦点を当てた「ラオウ伝」「トキ伝」などの外伝作品以外では徹底されていた絶対王道です。
しかし今回アニメ化する「北斗の拳イチゴ味」では、まさかのキャラクターが主人公!
「帝王に愛などいらぬ!!」のセリフで作品ファン以外にも人気の高い「聖帝サウザー」です!!

あのシーンやあのシーンがまさかのギャグに!!

「北斗の拳イチゴ味」は「WEBコミックぜにょん」にて無料公開されています。
それを見ると、あの画風を忠実に受け継ぎながらも非常に身も蓋もないギャグで読者の笑壺を的確に突いてきます。
北斗神拳の効かない帝王の体。それゆえ原作でケンシロウはかなりの苦戦を強いられますが、その部分にこの作品だと
「だからと言って殴られて痛くないとかそういうことでは、ない!!!」
と謎の決め顔がアップにされます。
非常にシンプルかつ分かりやすいギャグと、主にバットとリンによる身も蓋もないツッコミでテンポよく展開されていきます。
ただこの作品自体は1ページごとにオチを見せてくるので、テレビアニメになるとどういう構成が成されるのか……というところは気になるところですね。

サウザーの声優はもちろんあのお方

さてここでもうひとつ気になるのは、サウザーを演じる声優さん。
「新救世主伝説 北斗の拳」では大塚明夫さん、ラオウを主役に配した外伝「天の覇王」では関俊彦さん、また、「DD北斗の拳」では浪川大輔さんと、様々な声優さんが演じてこられたこのキャラクター。
果たして今回はいったいどなたが……と思うのはファンであれば当然かと思います。
なんとこの「イチゴ味」では、テレビアニメ「北斗の拳」で威厳溢れる聖帝サウザーを演じた銀河万丈さんがサウザーを演じてくださいます!!
あの声でこのセリフを!?と思わずにはいられない、いろいろな意味でドキドキの止まらない作品です。
是非アニメに先駆けて、「WEBコミックぜにょん」連載中の同作品をご一読ください!

関連記事

お気に入りの漫画のイッキ読み

不要な漫画の高額買取

2015新作アニメ

Twitter

Facebook

リンク集

最近の投稿