まさかの轟沈…アニメ『艦これ』はこれからどうなる?

大好評放映中のアニメ『艦これ』。先日放映された第三話の反響はものすごかったですね。
今回はネタバレありでこれからアニメ『艦これ』がどういう展開になっていくのか考えてみました。

まさかの轟沈

艦これアニメ化に際し、一番話題になっていたのが”轟沈”の描写の有無。
念のため説明しておきますと、轟沈というのは艦娘が敵艦からの攻撃を喰らい、修復不能の傷を負い、そのまま海の藻屑となってしまう現象のことを指します。

放映開始前は「艦娘たちは戦争をしているんだから轟沈の描写があってもなにもおかしくない」派閥と「艦これはかわいい女の子を愛でるゲームであってなにもアニメ化してまで轟沈させなくてもいいだろ」派閥が存在していました。

そして先日放映された第三話劇中で、一部界隈からは”最大のタブー”として恐れられていたその事件が起こってしまいました。

第一話、第二話ではスポットライトを浴びることのなかった駆逐艦娘・如月が突然敵艦の攻撃を被弾。そしてあっという間に海底へ…。あっけなかったです。

如月を嫁艦(一番好きな艦娘)としている人も少なくないので、これは如月推しの提督各位、かなり精神に傷を負わされたのではないでしょうか。

しかし、これからこのアニメをシリアス路線へ持っていくにしても「雑な導入だなぁ…」と思わざるを得ない、なんとも納得し難い如月の轟沈。

なんだか制作側の「今からシリアスな展開に持っていくから覚悟しとけよ〜」というメッセージの代わりに片手間に轟沈させられたようでなんとも不憫です。如月…。

これからの艦これ

半ば雑とも感じさせるシリアス路線への導入で、これでどの艦娘にも轟沈する可能性があるという覚悟を決めさせられましたが、これからアニメがどういう展開を見せていくのか楽しみ半分、不安半分と言ったところでしょうか。

これからの展開のパターンとしては戦闘一本で次々と艦娘が轟沈していき、鎮守府がだんだん閑散としていく殺伐パターン。
それと意外と平和にことがすすんでいき、「もう如月ちゃんのような犠牲は出させません!」と艦娘各々が気張って強くなっていき、今回のような悲劇は起こらないパターン。

個人的には前者に近い展開がありそうで今から胃がキリキリと痛いです。可愛い絵柄でえげつない展開、と聞くとどこぞの魔法少女アニメを思い出さずにはいられませんね。

ともかく、これ以上提督たちのハートをズタズタにするとアニメ全体の評価にも関わってくる気がしますが、これからどうなっていくのでしょうか。

なんだかんだ、次回を観るのが、かなり楽しみなアニメになっていますね…。心臓には悪いですが。

どうしてこうなった… アニメ『艦これ』4話の感想

関連記事

お気に入りの漫画のイッキ読み

不要な漫画の高額買取

2015新作アニメ

Twitter

Facebook

リンク集

最近の投稿