アニメファンに人気全開「ソードアート・オンライン」

「ソードアート・オンライン」。タイトルを聞く限り、PCで展開されているオンラインゲーム「MMO」の一種を連想させます。
その通り、このアニメの舞台はまさにオンラインRPGの世界。
しかも特殊な機器によって、精神をオンラインゲーム内にダイブさせた結果起こった、命を賭けた「現実」の物語です。

ネットゲームの世界に住みたい、なんて思ったことは?

オンラインゲームのユーザーの人達は、その世界でレベルを上げ、ネットを経由して出会った友人たちと力を合わせることで居場所を感じたことがあるはずです。
例え部屋から出ない生活をしていても、パソコンを開けば友人が待っている。画面の向こうには話せる相手が存在する。そんな居心地の良さに病み付きになってしまった人も多いでしょう。
中には、「現実なんていらない。この世界に住めるものなら住んでみたい」と思った人もいるかもしれません。
しかし本当にそうなってしまった時、果たして楽しいばかりの生活でしょうか?
この作品は、「完全なる仮想世界を構築する」と称して発売された装置「ナーヴギア」を装着して遊ぶことのできる「ソードアート・オンライン」というゲームが舞台です。
魔法要素はなく、ソードスキルと必殺技スキル、そのほか生活に必要な「料理」などのスキルも獲得することができるという珍しいシステムで、リリース前から話題をさらっていました。
しかしその実態は、ゲームクリエイター茅場晶彦の渇望だった「真の異世界の創造」を具現化するための狂気じみたソフトだったのです。
一度ログインしてしまえばログアウトは不可能。ゲーム内でHPが尽きたり、無理に外部からナーヴギアを外されれば脳神経を焼き切られて死んでしまうという死のゲーム。
脱出するには誰かがクリアし、全員を解放するしかないという絶望的なシナリオでした。
もし実際にRPG世界に住んだとしたら……あなたは本当に、幸せに暮らせるのでしょうか?

死が近いからこそ生きている実感すら手の中にある

主人公のキリトはこのデスゲームの早期クリアを目指しながらも、ソードアート・オンラインの浮遊城「アインクラッド」での生活に充実感を得ていきます。
ゲーム内で出会った少女アスナやシリカ、リズベット、クラインやエギルとともに各階層をクリアしつつ、そしてアスナとの新婚生活中に出会ったユイをも巻き込んだ幸せな生活。
戦いになれば死の恐怖は間近に感じられるものの、その分だけ生きている実感もより重みをもって感じられる生活は、現実世界では絶対に味わえないものでした。
その変遷は視聴者にとっても、羨望するに足りるものだと思います。自分の命が危険にさらされることのない非現実だからこそ、変化の著しい世界に憧れてしまう。そんな矛盾が巡り巡って、このアニメに現実味を持たせているのかもしれません。
現在、ガンゲイル・オンライン編も終了して「スリーピング・ナイツ」と出会う外伝まで進んでいるアニメ本編。しかしもし機会があれば、是非とも原作ライトノベルのほうも読んでみていただきたいのです!アニメで見るのとはまた違う、省かれてしまった一面を発見できるかもしれません。

関連記事

お気に入りの漫画のイッキ読み

不要な漫画の高額買取

2015新作アニメ

Twitter

Facebook

リンク集

最近の投稿