アニメ地獄先生ぬ~べ~の隠れた魅力!OPやEDのクオリティが高い

原作ファン、アニメファン、ドラマファンそれぞれいますが、アニメファンとして原作アニメの魅力をご紹介したいと思います。
放映されていたのは1996年~と以外と古いアニメですが、90年代アニメは俗に受け継がれるような名作を量産しています。
ぬ~べ~も最近になってドラマ化が決定したり、人気に衰えはありません。

原作アニメの豪華声優陣

原作アニメの良さと言えばやはり、声優陣の豪華さでしょうか。
ぬ~べ~を演じているのは置鮎龍太郎さんです。

演技力、声の良さ、アニメ版ぬ~べ~にぴったりで、漫画を読んでもイメージが置鮎龍太郎の声とぴったりリンクしますから違和感なく読めます。

アニメのポイントはやはり声優さんだと個人的には思います。原作ファンでドラマを見たひとは正直イメージが合わないと感じてしまったのではないでしょうか。
強烈なイメージやインパクトを変えることはそうそう難しいことです。

ほかにもメインキャラクターに森川智之さん、白鳥由里さん、冨永み〜なさんなども出演してますから豪華と言わずになんというのでしょうか。

OPやEDのクオリティ

OP、EDと選曲もアニメとマッチする以外にも特にEDのSPIRITはとてもよかったです。
このEDを見てヒロインはゆきめなのか、と初めて気づいたひともいるのではないでしょうか。

こちらはゆきめの心境を歌った楽曲とされてますから彼女のテーマソングとして認識されています。
その映像もゆきめがほとんどを占めていますのでゆきめファンの中では話題になったEDでもあります。
そして初代EDではB’z初のアニソンとして抜擢されました。

裏話としてはメンバーは最終的にアニメとは全く関係ないものになってしまい、原作ファンには申し訳なかったとおっしゃっているのですが、とても映像とマッチしてますし歌詞もぬ~べ~に合っているのではないでしょうか。

アニメの魅力としては声優陣やOPやEDのクオリティも最終的にアニメの印象を強くする要素なのでとても重要とも言えるのです。

関連記事

お気に入りの漫画のイッキ読み

不要な漫画の高額買取

2015新作アニメ

Twitter

Facebook

リンク集

最近の投稿