Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'nazunako7'@'localhost' (using password: NO) in /home/nazunako7/weinsteinpoetryprize.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/nazunako7/weinsteinpoetryprize.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'nazunako7'@'localhost' (using password: NO) in /home/nazunako7/weinsteinpoetryprize.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/nazunako7/weinsteinpoetryprize.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'nazunako7'@'localhost' (using password: NO) in /home/nazunako7/weinsteinpoetryprize.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/nazunako7/weinsteinpoetryprize.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'nazunako7'@'localhost' (using password: NO) in /home/nazunako7/weinsteinpoetryprize.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/nazunako7/weinsteinpoetryprize.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'nazunako7'@'localhost' (using password: NO) in /home/nazunako7/weinsteinpoetryprize.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/nazunako7/weinsteinpoetryprize.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'nazunako7'@'localhost' (using password: NO) in /home/nazunako7/weinsteinpoetryprize.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /home/nazunako7/weinsteinpoetryprize.com/public_html/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786
ガラケー初の名作ホラーがスマートフォンに「歪みの国のアリス」 | あにめいぷるず






ガラケー初の名作ホラーがスマートフォンに「歪みの国のアリス」

ガラケーで発表され、ホラー作品であるにも拘らず胸に響くストーリーや音楽、作風でユーザーの心をがっしりと掴んだ作品があります。
それがサン電子のアドベンチャーゲーム専門部門、「ナイトメア・プロジェクト」から発表された「歪みの国のアリス」です!

ホラーなのに、怖がりの人でも引き込まれる

この作品の凄いところは、普段はホラーなんてもってのほか!テレビCMで見るだけでも顔を逸らしてしまうような怖がりな人でも、ついつい引き込まれてしまうストーリー性の高さにあります。
内容はタイトルの通り「不思議の国のアリス」をモチーフとしたいわゆる「アリス系」。そのため登場人物は「葛木 亜莉子(作中通称:アリス)」や「チェシャ猫」、「シロウサギ」など、馴染み深い名前が並びます。
ただしチェシャ猫は猫の姿ではありません。灰色のローブ姿でフードを目深に被った、にやけた大きな口が特徴の男性(?)として描かれています。
物語の始まりは夕暮れの校舎の中。うっかりうたた寝してしまっていた亜莉子が目を覚まして教室を出ると、このチェシャ猫が前触れなく言います。「さあ、僕らのアリス。シロウサギを追いかけよう」。この時点でなんの説明もありません。
当然主人公である亜莉子も、プレイヤーも現状把握に必死になりますが、教室に戻ろうとなにをしようと、一切説明はないのです。あまりの説明のなさに、かなり困惑しながらゲームを進めていくことになります。
思えば、これすらもきっと制作陣の思惑の内。ゲーム内のアリスとほぼ同様の心境と理解度でゲームを進めていくことで、キャラクターに深く感情移入できるのだと思います。

キャラクターがとにかく魅力的!

ホラー作品と言えば、通常「強いインパクトを持つキャラクター一体と、キャラ薄めの主人公たち」という構図が多いのですが、この作品はとにかく、出てくるキャラ出てくるキャラすべて魅力に溢れすぎています!
前述のチェシャ猫はもちろん、仕立て屋の「絆創膏親方」と針子のハリネズミ「ハリー」、結婚式の料理を食べ続けている太り過ぎの「侯爵夫人」に、見えないけどなんかヌルヌルして気持ち悪い「時間くん」などなど、枚挙に暇がありません。
その中でも特にインパクトが強いのは、やはり「アンパン」達と「廃棄くん」でしょうか。彼らが出てくる章はさまざまな意味で濃すぎて、もうこれがホラー作品だということを忘れてしまう人も多いのではないかと思います。
もちろんゾクッと寒気を覚えるようなシーンもあるのですが、それ以上にストーリーとキャラクターが読ませてくれるので、ピリピリと神経が尖ることも少ないようです。
随所に仕込まれたギャグ要素とこいキャラ付けによって、ホラーが苦手な人もついつい読み進められるホラー作品というのは快挙と言ってもいいのではないでしょうか。この少しばかり特徴的な作風に惹かれて始めた「本来ホラーが苦手なユーザー」は、この「ナイトメア・プロジェクト」の発表するアプリであればプレイできるという人が多いようです。
ホラーゲームなんて見るのも嫌という人も、騙されたと思って一度始めてみてはいかがでしょう。長編マルチエンディングアプリゲームでありながら、400円という格安な値段設定も魅力の一つ。ダウンロードサイトの評価欄がその質の高さを物語ってくれているので、一読するのもおすすめです。

関連記事

お気に入りの漫画のイッキ読み

不要な漫画の高額買取

2015新作アニメ

Twitter

Facebook

最近の投稿