中学生同士の恋愛の甘酸っぱさ全開!『富士山さんは思春期』

今回紹介したい作品は漫画アクションに2012年から連載中の『富士山さんは思春期』です。

主人公である富士山 牧央さんは中学二年生にして身長181センチメートルの女の子。
もう一人の主人公、上場 優一くんも同じく中学二年生。身長は160センチメートルと、富士山さんの前ではかなり小さく見えてしまいます。
そんな二人の思春期特有の甘酸っぱい青春の日々を描いた良作です。

中学生同士の交際ってこんなに甘酸っぱい!

この作品、ラブコメ作品にしては珍しく”恋人同士になるまでの過程”がほぼ描かれていなく、富士山さんと上場くんが恋人同士になってからの生活を淡々と描くものなのですが、読んでみると、恋人になってからの距離感がなかなかつかめなくてほんのすこしぎくしゃくしてしまう感じだとか、付き合っていることが同級生にバレないように立ち回る歯痒さだとか。

そういう色々な制限、障害をすこしずつ乗り越えていく過程を見ていると、恋人として付き合うようになってからが本当に大変なんだな…と、考えたり、時々自分が中学生だった頃のことを思い出したりします。
筆者にはこの作品に出てくるような甘酸っぱい経験はありませんでしたが……。

大人びた外見ではありますが、富士山さんだって中学生の女の子なので、恋愛初心者です。
それは上場くんとて同じ。
凸凹カップルの初々しい挙動のひとつひとつがとても丁寧に描写されていて、心から応援したいと思えるカップル漫画ですよ。

富士山さんの魅力がスゴイ

なんといっても富士山さんの可愛さがスゴイです。
身長181センチメートル、ブラジャーはFカップ用(!)を着用。
まさに運動部の女の子、といった細すぎず太すぎない引き締まったプロポーション。
なのに童顔。

デカイ女なんて可愛くない!と思っている方もいらっしゃると思います。
しかし一度この作品を読んでみてほしい!意見が180度変わるかもしれませんよ。

上場くんは思春期真っ盛りの中学生男子なので富士山さんのワガママボディに悩殺されることもしばしば。
時々”エロ”を感じさせるシーンが描写されますが、そういうシーンで上場くんの行動がいちいち妙に面白かったり、ただのちょいエロラブコメ漫画とは一線を画した思春期独特の空気を描写しています。

富士山さんの魅力もスゴイですが、はじめはエロいことばかり考えていた上場くんがすこしずつ富士山さんのことを想い、成長していく様子もとても良いです。
親のような気持ちで読めます。

数々の学校行事、季節の移り変わり

富士山さん、上場くん共にバレー部に所属していることもあり夏にはバレー部員のみんなで合宿に行ったり、秋には体育祭があったり、数々の学校行事でみんなが盛り上がる中、こっそり逢瀬を繰り返す二人の様子を見ていると、全体的に丁寧な描写がされているおかげか、本当にリアルにその場の空気を感じることができます。

季節の移り変わりによって、富士山さんと上場くんの制服も夏服から冬服へ変わったり、夏にはこんがり日焼けしていた野球部員たちの肌がすっかり白くなっていたりと全体的にすごく丁寧な描写がされていて、作品世界にすっと入り込めるような気がします。

富士山さんたちカップルの魅力もさることながら、漫画としてのクオリティもとても高いです。
既刊4巻と集めやすい巻数なので、この機会に読んでみてはいかかでしょうか!

※追記
「富士山さんは思春期 5巻」が2014年12月27日に発売されました。
Amazonでもトップ10に入るほどの売れ行きです。
漫画を読むならkindle版も手軽で便利です。
是非、チェックしてみて下さいね(*’ω’*)

関連記事

お気に入りの漫画のイッキ読み

不要な漫画の高額買取

2015新作アニメ

Twitter

Facebook

リンク集

最近の投稿