妙に可愛いおじさんと表情の読めないOLのラブコメディ?「おじさんとマシュマロ」

「Pixiv」というイラストSNSをご存知でしょうか?
プロ、アマチュア問わずさまざまなイラストやコミック、二次創作作品などまで投稿できる、SNSです。
最近になって、このPixivで人気の出た作品が単行本化、果てはアニメ化など次々とメディアに進出してきています。
今回ご紹介するのはこういった作品の一つ、「おじさんとマシュマロ」

おじさんが可愛い

作者の音井れこ丸さん(Pixivでの活動ハンドルネームはトイレ籠さん)は本来成人向け作品をメインに活動していらっしゃる漫画家さん。
しかしこちらの作品は、ところどころにセクシーとは言えない、ほのかーに醸し出されているかどうかとても微妙ーな、でもやっぱり唇とかがちょっとセクシー?というような描写が入るのみの健全なギャグマンガです。
作品のメインはタイトルにも登場するおじさん、日下さんと、その日下さんを「ヒゲさん」と呼びつつかなり遠回りな恋愛アピール&アタックを繰り返す表情の読めないOL、若林さん。
ヒゲさんの大好物である「食べっこマシュマロ」をエサに、どうやってヒゲさんの意識を自分に向けさせるかに日夜奮闘する若林さんの姿と、毎回見事に策略にはまっているヒゲさんが可愛い作品です。
少しばかり痴女的なアピールを見せる若林さんも、男性読者にはいいアクセントになっているかもしれません。
単行本化された現在も同SNSにて同名作品は連載中ですが、今見直してみると1話の頃、まだヒゲさんはほっそりしていたなぁという印象が付き纏います。

どちらかというと、読んだことのない人にオススメ

この作品はイラストSNS「Pixiv」で連載して人気が出ただけのことはあり、実は単行本化しているほとんどの部分はこのSNS内で現在も過去作が読めるようになっています。
そして作品自体は未読で単行本を買った人にはかなり好評なようなのですが、連載から読み続けている人にとっては「書籍購入者にファンサービスが足りない」「質問コーナーなどもうまみが少ない」などの意見も多数出ているようです。
なのでどちらかというと、SNS経由で読んだことのない初見の人にこそおすすめの作品かもしれません。
とはいっても、普通の週刊誌連載コミック作品も、雑誌購入者には「ほとんどの部分は読んだことがあり」「質問コーナーなどのページもかなり枠が限られている」状態ですよね。
ですから「無料で読めた頃から応援しているのに」という思いがそれを顕著にしている気がします。
Pixiv公開当初からこの作品を好きな方が単行本を購入なさる際は、無料公開してくれている作者の行為に少しでもお布施を、という気持ちで買ってみてはいかがでしょうか?

現在、Pixivにてヒゲさんに迫る新キャラクターを交えた三角関係で第二部が展開しています。さらに、「おじマシュ」LINEスタンプも大好評発売中。
回を追うにつれて丸く可愛くヒゲの形もキュートになっていくおじさんと、おじさんにギリギリの痴女さで迫るOLのラブコメディ。仕事で疲れた後、ホッと一息、クスッと笑ってみるのはいかがでしょうか。

関連記事

お気に入りの漫画のイッキ読み

不要な漫画の高額買取

2015新作アニメ

Twitter

Facebook

リンク集

最近の投稿