放映まであとすこし『艦これ』アニメはどういうストーリーなのか?

今回紹介する作品は、2015年1月から放映予定のアニメ『艦隊これくしょん -艦これ-』。先日先行アニメPV第2弾が発表され、さらに期待の声が高まっている本作の見どころを予想していきたいと思います。

主題歌やキャラクターの声優は!?

本作の監督は草川啓造。『魔法少女リリカルなのはA’s』などの監督です。
脚本は花田十輝。
『ラブライブ!』『境界の彼方』などの話題作の脚本も手がけています。
主題歌等に関しては未だ情報なし。

声優は基本的にゲームと同じのようですが、ゲームでは一人の声優が何人ものキャラの声をあてているので、キャラクターの演じ分けに注目が集まっています。

艦娘と世界観

ゲームに登場する”艦娘”ですが、この設定についてたくさんの憶測が飛び交っています。
「艦娘は、人間の女の子に艦隊の装備を搭載した元人間(改造人間説)」という意見の方がいれば「実在した艦隊の霊魂が女の子の姿で現実世界に具現化している(付喪神説)」という意見も方もいて、アニメではどういう設定で来るのかハラハラしていましたが、公式の設定によりますと

“人類がその制海権を失ってしまった世界。海を蹂躙する脅威、それが「深海棲艦」。その脅威に対抗できるのは、「艦娘」と呼ばれる在りし日の艦艇の魂を持つ娘たちだけ――。”

だそうです。うまくお茶を濁しています。艦艇の魂を持つ娘…人間なのか、はたまたそれ以外のものなのか。艦娘の謎はまだまだ解けそうにありません。

結局どういう作品になるの?

艦これをアニメ化するにあたって一番難しいのが”どういう話にするのか”ということです。
ゲームではプレイヤーが提督となって艦娘たちを指揮し、深海棲艦を倒しながら制海権を勝ち取っていくという形でゲームが進行していくので、先ほどの公式設定と相違ありません。

ですが艦これには”轟沈した艦娘はロストする”というシステムもありますし、なにより戦争をテーマにしたアニメです。

先行PVを観ると艦娘たちが和気あいあいと楽しそうに日常生活を贈っている描写しかありませんが、戦争というテーマでアニメを作る以上、戦闘、そしてもしかすると艦娘のロストというえげつない描写があるのかもしれません。

先行PVに戦闘シーンの描写が一切ないのも怖いですね。
視聴者にはほのぼのアニメだと思わせておいて本編でえげつない展開が!みたいなアニメ、他にもありますし…。

プレイヤーの中にも「ずっとほのぼの路線でいってくれ!」派と、「どんどん戦ってどんどん沈んでくれ!」派がいますが、どっちに転んでも一部からの反感は買いそうですね。アニメ化するのが難しいゲームだなと感じました。

アニメ開発決定当初は「ゲームと絵が違い過ぎる!なにかが違う!」と騒がれていた作画ですが、先行PVを観る限りではうまくおさまっているというか、作画も安定している印象を受けるのであとはストーリーがどうなるかでこのアニメの評価がまるっきり変わってきそうです。

とりあえず、2015年1月が楽しみですね!どういうアニメになるのか、必見です。

まさかの轟沈…アニメ『艦これ』はこれからどうなる?

関連記事

お気に入りの漫画のイッキ読み

不要な漫画の高額買取

2015新作アニメ

Twitter

Facebook

リンク集

最近の投稿