気高く、可憐な乙嫁たちの物語。漫画『乙嫁語り』ネタバレ

今回紹介する作品は『乙嫁語り』。

『エマ』『シャーリー』などで知られる森薫による新境地・中央アジアを舞台とした漫画作品です。
圧倒的な細部への書き込み、可愛い女の子からきれいな女性までよりどりみどりのこの作品を簡単に紹介していきたいと思います。

あらすじ

タイトルにもある”乙嫁”というのは若いお嫁さん、美しいお嫁さんという意味の古語。
乙嫁の名に恥じない、個性的なお嫁さんが多数登場します。

嫁がいれば婿もいるということで、必然作品内で多くの夫婦が誕生しますが、物語の舞台は19世紀のアジア。結婚は10代で経験するのが当たり前のような世界での話なので、序盤は物語についていけなくなったりします。

それもそのはず、最初に登場する乙嫁は20歳のアミル。
その婿はというとカルルクという少年で、なんと12歳。
年の差婚ですね…。

12歳の夫カルルクと20歳の妻アミル。
序盤はこの二人を中心に物語が綴られていきます。

この時代の結婚の形式は基本的に嫁入り。そのためアミルは嫁入り道具を持って、家族から離れカルルクの家に住まわせてもらうことになります。

20歳で結婚というと当時ではもうすっかり行き遅れの年だったようですが、アミルとカルルクの仲はとても良く、結婚生活はうまくいっているようです。

アミルは料理、刺繍(この時代の女性は刺繍を売って生計を立てていたとか。
刺繍の腕がそのまま作品の値段に反映されていたようです)が上手。
夫への気配りもばっちりなうえに狩猟の腕も良く、狩った動物はすぐにさっとさばけて、野生味あふれる姿を持つかたわら、純情で乙女という超・高スペックの罪な女性です。

しかしアミルの家の人々が次第に「アミルはカルルクの家に嫁がせるべきではなかった」という考えを強めはじめ、アミルをカルルクの家から取り戻そうと画策しはじめます。

乙嫁はアミルだけじゃない

第一の乙嫁として登場するのはアミルですが、この作品に登場する乙嫁はアミルだけではありません。
第二、第三の乙嫁が登場する度にそのキャラクターだけにある魅力がしっかり凝縮されていて本当にこの作者は男の心を掴む女性を描くのが上手だと感心してしまいます。
同氏の著作『エマ』『シャーリー』に登場する女性たちも例外なく可愛いですしね…。

ですが楽しいだけではないこの時代。
食べ物がなくなれば部族同士の争いがあったり、時には戦争のような大規模な争いも起こります。
最新単行本の第六巻ではカルルクとアミルたちが住む集落が襲撃を受けます。

楽しいだけじゃない、決して楽な時代ではなかったこの19世紀アジアで美しく生きた乙嫁たちを描いた名作『乙嫁語り』は既刊六巻。
刊行ペースも一年に一巻程度と今からでも集めやすいのではないのでしょうか。是非読んでみてください!

関連記事

お気に入りの漫画のイッキ読み

不要な漫画の高額買取

2015新作アニメ

Twitter

Facebook

リンク集

最近の投稿