水島精二×虚淵玄初オリジナル劇場アニメ『楽園追放』は絶対に観るべき!

今回紹介する劇場アニメは『楽園追放 -Expelled from Paradise-』。
2014年も佳境に入って、ようやく今年の大本命劇場アニメが11月15日から全国公開されています。

監督はアニメ『機動戦士ガンダム00』などの水島精二、脚本に『魔法少女まどか☆マギカ』などの虚淵玄。
登場する声優も釘宮理恵、三木眞一郎、神谷浩史と、普段アニメを観ている方なら誰でも知っているような超豪華声優陣とスタッフが集結して完成した本作。

水島、虚淵両氏にとって初となるオリジナルアニメということで話題になっている本作ですが、まだ観ていない方のために簡単なあらすじと、この作品の魅力をご紹介していきたいと思います!

まさかのフルCGアニメ

本作はロボットやその他メカだけでなく、人物に至るまですべてCDで制作されたアニメです。
フルCGアニメと聞くとキャラクターの動きが妙にカクついていたり、表情が人間っぽくなかったりという想像をする方も少なくありませんが、本作ではそういったフルCGの弊害というものをほとんど感じません。

シーンによっては「これはCGじゃないでしょ?」と思ってしまうようなところも多々あります。
それほどにまで馴染んでいて、鑑賞をはじめて十分もしないうちにCGには慣れ切ってしまうのと思いますし、なにより食わず嫌いは損ですよ!

超・王道をゆくストーリーと魅力的なキャラクターたち

西暦2400年。
人類は”ナノハザード”と呼ばれる大災厄によって荒廃した地球を捨て、データ化した肉体で電脳世界ディーヴァで暮らしています。そのディーヴァが荒廃して生活のレベルも落ち込んだはずの地球からハッキングを受けているということで、捜査官・アンジェラは地球人である現地オブザーバー・ディンゴとともにディーヴァへのハッキングを仕掛けた犯人を捜す任務を受け、地球に向かいます。

脚本を担当したのがかの虚淵玄ということもあり身構えてしまうのもわかります。
ですがこの『楽園追放』はかなりアツい、王道をゆくストーリーになってます。
さすが日本を代表する脚本家といいますか、この人はどんな話でも面白くできるんですね…。

そしてキャラクターもみんな魅力的。主人公のアンジェラははじめはつんけんとしていますが、次第にディンゴに心を許すようになってからというもの…とにかくかわいいです。
あと衣装が妙にエロい。ここも重要。

そのディンゴもとにかく渋い。『カウボーイビバップ』などに出てきそうな超ハードボイルドな男です。視聴者としてはじめのうちはアンジェラよりも好感を抱くキャラかも。

そしてもう一人、ストーリーに深く関わってくる人物がいるのですが人によってはその人が真のヒロインに見えるかも…?是非、実際に作品を観賞してみてください。

垂涎モノ!ロボットの戦闘シーンが激アツ!!

本作にはアーハンと呼ばれる起動外骨格スーツが登場します。
まあ言ってしまえばロボット。

アンジェラはこれに乗って敵と戦闘することになるのですが(この”敵”はネタバレ防止のため詳しく説明不能)バトルシーンがとにかくすごい。

ロボットものに興味がない方も絶対に「かっこいい!」と言ってしまうような戦闘シーンは必見です。カメラアングルも計算され尽くしていて超クール。

総括すると、ロボアニメが好きでなくとも・スタッフの名前を誰一人知らずとも・むしろ普段アニメ映画とか観ないよという人でも楽しめる万人向けの作品です。

ラストシーンの切なさもピカイチ。是非、映画館に足を運んでみてください。

関連記事

お気に入りの漫画のイッキ読み

不要な漫画の高額買取

2015新作アニメ

Twitter

Facebook

リンク集

最近の投稿