自転車が好きになる漫画『弱虫ペダル』のあらすじ 

今回紹介する作品はアニメ第二期が放映中の『弱虫ペダル』です。
舗装された道路を速く走るために極限まで他の機能を削った自転車”ロードバイク”に乗る高校生たちの青春を描いた王道スポーツ漫画。
読んでるこっちもアツくなってきますよ。

主人公はアニメ研究会設立を目論む”オタク”

物語の主人公である小野田 坂道(高1)は、小学3年生の頃から毎週欠かさずママチャリで秋葉原に通う筋金入りのオタク。
彼が入学した高校にはアニメ研究会が存在しており、入部届けを出しにいくがアニメ研究部は部員が少なすぎて活動を休止していました。

それを受けて小野田くん自身がアニメ研究部復活のため部員を集めようと奮闘しますが、努力も虚しく誰も誘いに乗ってはくれません。
そんな時、小野田くんがママチャリで斜度20%以上の”激坂”を悠々と登っていく姿を、後に自転車競技部のエースとなる男、今泉 俊輔(高1)に見つかって、「小野田が勝てばアニメ研究部に入る」という条件のもと勝負を挑まれます。

小野田くんのママチャリと今泉くんの競技用ロードバイクでは勝負は目に見えていると誰もが思っていましたが、意外な結果が…!

だんだんとのめり込んでいく

アニメにしか興味のなかった小野田くんが、今泉くんや自転車競技部の先輩たちに触発されてすこしずつ自転車を好きになっていく。
彼がだんだんと成長していく姿を見ていると、なんだか自分も自転車に乗りたくなります。

単行本の話の合間やあとがきページに作者の自転車知識が披露されていたり、こんなに自転車は楽しい!ということを伝えるためのページが多く、読み進めれば読み進めるほど自転車が好きになっていきます。

魅力的なキャラクターたち

この作品、王道スポーツ漫画としては珍しく女性ファンがとても多いです。
どうしてかというと、やはり多彩なキャラクターのおかげでしょう。

小野田くん、今泉くんを筆頭として色んな学校の自転車競技部のキャラクターが多数登場します。その誰もが個性的(個性が強すぎるキャラも多くいますが)で、魅力的。

しかしもちろん男性が読んでもすごく面白い作品です。
とくに男性はロードバイクが欲しくなってしまうかと思います。
本当に速い人は下り坂で80km/hほどスピードが出るらしいです。
自動車も抜けますよ、80km/hって…。どうですか。乗りたくなりません?ロードバイク。

夢の舞台、インターハイ

ロードバイクに乗る高校生たちが夢見る舞台、それは年に一度、夏に開催されるインターハイ。
全国から強豪校が一堂に集結し、自分の所属する高校の自転車競技部のジャージを誰よりも速くゴールに届ける。
そんなシンプルな目的を全員が持ち、ペダルを回します。

自転車と聞くと個人競技を思い浮かべる方がほとんどだと思いますが、ロードバイクのレースは団体競技です。
六人一組のチームになって、列を成して走る。自転車に乗っていると前方から吹き付ける風がバカにならない強さを伴って進行を妨げます。

それあロードバイクのスピードとなるとなおさら。チームメイトが、そんな風の邪魔を受けないように最前で一身に風を浴び、後方のチームメイトを守りながら走る。そういうチームワークが必要になる競技なのです。

読んでみると、単純そうで実は奥深いロードレースの世界にどっぷり浸かることができますよ。

現在既刊36巻、まだまだこれからも続いていきそうな作品です。最近のスポーツ漫画の中では群を抜いて面白いですよ!
是非、手に取ってみてはどうでしょう?

関連記事

お気に入りの漫画のイッキ読み

不要な漫画の高額買取

2015新作アニメ

Twitter

Facebook

リンク集

最近の投稿