芸術の秋は今敏監督のアニメ映画に浸るべし!?

芸術の秋というと、皆さんどんな芸術を思い浮かべますか?音楽、演劇、絵画、陶芸、おおよそこんなものでしょうか。
しかししかし、アニメも立派な芸術作品!今回はその中でも評価の高い、今敏(こんさとし)監督が手掛けた劇場版アニメ作品をまとめてご紹介します!

PERFECT BLUE

第17回ポルト国際映画祭アニメーション部門大賞などを受賞した作品。
国内のレイティングはR-15指定、その他ほとんどの国ではR―18指定を受けていますが、その内容はじわじわと心を蝕んでくるようなホラーになっています。
アイドルとして活動していた主人公、霧越未麻(きりごえ みま)はグループを脱退後女優へと転身を計ります。
アイドルのイメージからの脱却として過激な内容の仕事をこなしていく未麻は、やがて自分自身が望んだはずの立場に疑問を覚えはじめ、さらにインターネット上では熱烈なファンにストーキングされている事実を知ります。
やがて関係者が次々と殺されていき、未麻は精神的に追い詰められていく。その精神描写や画面構成の美しさはまさに芸術です。

千年女優

第6回ファンタジア国際映画祭・最優秀アニメーション作品賞、芸術的革新賞などを受賞した作品。
芸能界を引退した大女優、藤原千代子へのインタビューを主軸としながらも、語られる彼女の半生が映画、テレビドラマなどの世界が入り混じっていきます。
その時代設定は戦中、平安時代、戦国時代、明治、さらには未来にまで及び、どこまでが映画の世界なのか、彼女の半生で本当にあった物語なのか、だんだんと判別がつかなくなっていきます。
まさに千年分の時間を駆け抜けた女優の物語ですが、緻密な背景美術はそれだけで充分に楽しめる作品です。

東京ゴッドファーザーズ

イタリアのFuture Film Festival最優秀作品賞などを受賞した作品。
三人のホームレス、そしてクリスマスに捨てられていた新生児を中心に巻き起こる「クリスマスの奇跡」の物語。
複雑な人間関係、それぞれが背負った「ホームレスになった理由」などを描きながら、心がじんわりと暖かくなる奇跡を描いています。
芸術の秋の一環として紹介させて頂きましたが、是非ともクリスマス時期に見ていただきたい作品です!

パプリカ

第25回ポルト国際映画祭Critics’ Awardなどを受賞した作品。
主人公のパプリカこと千葉敦子は、夢を共有する装置「DCミニ」を使用するサイコセラピスト。
ですがその装置が盗まれてしまい、その後故意に悪夢を見せて精神を崩壊させるという事件が続発するようになります。
犯人とその目的を探るため夢の世界を渡り歩くことになるパプリカですが、この夢の中の世界が凄まじいの一言!
決して現実ではあり得ないからこそ表現し得た世界に、是非心奪われてください。

芸術性が高いと言われる今敏監督作品、是非この機会に楽しんでみてください!

関連記事

お気に入りの漫画のイッキ読み

不要な漫画の高額買取

2015新作アニメ

Twitter

Facebook

リンク集

最近の投稿