Comico発のアニメ化決定!「ReLIFE」

縦読みコミックアプリ「Comico」から5作品のアニメ化が決定しました!
そしてその中には以前ご紹介させて頂いた作品「ReLIFE」も含まれ、単行本化に引き続いての快挙にファンは大いに喜びの声を上げています。

アニメ化は2016年の予定

とは言っても、実際に放送されるのは来年2016年になってからの予定とのこと。
2015年になってまだ時間が経っていないというのに気の早い話だと思う人も多いと思いますが、この「ReLIFE」、現在単行本3巻の発売を目前に控えた状態。

週刊作品として分かりやすいかと思いますので「週刊少年ジャンプ」の作品を例に挙げさせていただくと、「NARUTO」「ワンピース」「銀魂」など、かなりの人気作品でも10巻を超えてからアニメ化されています。
あまりに早い段階でアニメ化してしまうと、話のストックが少なすぎてすぐ原作の展開に追いついてしまうからです。
そこから考えると、この作品の連載開始は2013年10月。
1年間で単行本2冊というペースなので、来年アニメ化される際には4巻、または5巻まで発行されていると予想されます。

この作品内の設定自体が1年間という制限つきの世界ですが、現在連載されているのはゴールデンウィークが明けて数日というあたり。
アニメ化の頃には夏休みくらいまでストックが溜まっていると思いたいですが、それでもストックとしてはかなり少ないかもしれません。
作品の内容は着眼点や発想など非常に面白いので、できれば全編通してアニメ化してほしいところですが、もしかしたら「黒子のバスケ」や「デュラララ」などと同じく何度か細かく区切った作品になるかもしれませんね。

その他にも実は4作がアニメ化!

この記事では「ReLIFE」を中心に記事にさせて頂いておりますが、このほかにもComicoから4作品のアニメ化が決定しています!
ピュアッピュアなラブストーリー「ももくり」、ナルシストとどマゾが繰り広げるハイテンションギャグ「ナルどマ」、ドタバタギャグアクション「ナンバカ」、そしてかなりシュールなギャグオムニバス「スーパーショートコミックス」。
どれもComico内で非常に人気のある話題作です。
この中で「ナルどマ」と「スーパーショートコミックス」はなんとこの春のアニメ化!
ともにショートアニメを予定されているので、時間がない時にさっくり楽しめる作品になっているようです。

「ももくり」も今年中のアニメ化が予定され、「ナンバカ」は「ReLIFE」と同じくストック待ちで2016年と予定されています。
現在各方面から注目を集めているコミックアプリ「Comico」、今回の大量アニメ化決定の報を受けてさらに熱い視線を向けられることとなりそうです。

また、この5作のアニメ化についての詳細は3月に東京ビックサイトで開催される「AnimeJapan2015」のComicoブースにて発表されるようです。
入場料の必要なイベントですが、アニメファンに人気の作品から家族で楽しめる作品の特設エリアまで揃ったアニメの祭典。
他に気になる未放送作品のブースと合わせて、じっくりアニメに浸る二日間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

関連記事

お気に入りの漫画のイッキ読み

不要な漫画の高額買取

2015新作アニメ

Twitter

Facebook

リンク集

最近の投稿